中学受験って、一体どうなんだろう?

私は中学受験とかそんなのとは無縁だったし、今までこれっぽっちも考えたことありませんでした。
旦那のね、一番上のお姉さんの子がね、有名私立中学受験して受かったのです。

女の子で、昔から勉強は大好きだったみたいだけど、受験前は毎日10時くらいまで塾に行ってたって聞いて、
驚いたなんてもんではないです。月10万以上だって。。。

本人の希望なら仕方ないかもですが、すごいですよね。
それもあってか、2番目のお姉さんのうちの女の子も受験を考えてるとかいないとか。

みんなすごいですよね。2番目のお姉さんのうちの子は、スイミングと、英語と、習字と、塾と。
お休みの日はないようです。

うちは2人とも男の子でよかった。男の子でも本人が行きたがる可能性はありますが、
少なくとも比べられたりすることはないですから。
年もだいぶ離れましたし。

あまりよく分かりませんが、親のエゴではなく本当に完全な本人の希望であることを望みます。
望んでるなら、私も応援しちゃうぞ!!

だんだん忙しくなってくるからクリーニングの時間が取れなくなってきているんですよね。

だから最近は宅配クリーニングを使ってみようかと考えています。宅配クリーニング比較をみると結構使えそうなので、今度チャレンジしてみますね。

のんびり適当に家事も育児も夫の相手もしています

最近子供がまた食べなくなってきて心配していたら、お昼ご飯として出したにゅうめんだけは嬉しそうに食べていました。
偏食だなと思いつつ、体重が減ったりするよりはいいや。もう好きなものをお食べという気持ちでいます。
一時期は栄養のことを気にしてご飯を食べてくれないことにイライラしたこともありましたが、もうね、子供が一才半になってようやくすべてのことに慣れてきました。

子供のことだけではありません。夫に対しても育児してくれなくてイライラしていたのが落ち着きましたね。
人間、諦めが肝心なんですね。しかも悲しいことに頑張ろうとしていた頃よりこうやって諦めてしまっている方がうまくいくことが多いんですよ。

夫に対しては育児できない人なんだろう。仕方ないから自分でやろうとせっせと働いていたらつまらないのかできることある?と聞いてくるようになりましたし、子供もこっちが諦めてまあ好きなように食べなさいよと思っていると、リラックスできるのか一応何でも口には入れて味を確かめるようになりました。

母親の心の余裕が平和な家庭をつくるんですね。
そんなわけで毎日手を抜き、気を抜きながらやっています。