糸こんにゃくでマイナス10キロダイエット

小さい頃から水泳をやっていたのですが、練習後にお腹がすくので夕飯までに毎日菓子パンやアイスを食べていました。

水泳でたくさんカロリーを消費していると思っていたので、消費カロリー以上にカロリーを摂取していると全く気づかず・・・高校1年生で気づくと160cmで体重60㎏に・・・危機感を感じ、夕飯を糸こんにゃくを中心としたものに変えました。

練習後のお腹が空いていても、糸こんにゃくのパスタ・糸こんにゃく冷麺・糸こんにゃくの酢の物などカロリーを抑えたメニューばかり食べて、2か月で10㎏のダイエットに成功致しました。

24/7ワークアウトというプライベート事務でも同じように糖質を抑えたダイエット方法が推奨されているみたいです。プロがやるやり方なので、多分正解だと思います。

24/7ワークアウトは口コミを見ていても評判がいいので、ここで取り扱われている方法って多くの人がダイエットに成功する方法だと思いますよ。

実家に住んでいたので、家族が食べている通常の夕飯メニューを朝ごはんに食べるようにしていたので、せっかく作ってもらったものを無駄にすることもなく、私自身も「起きたらハンバーグが食べれる!」という気持ちで眠りにつけていたので、ストレスもなかったですし、夕飯に軽いものを食べていたので、朝お腹が空いて目覚めることが多くなりました。

糸こんにゃくのレシピに飽きてきたら、もやしやところてんに変えることもしばしばありました。最初からすべてを糸こんにゃくに変えてしまうのはちょっと無理・・という方は、メイン料理だけでも糸こんにゃくに変えてみることから始めることをおすすめ致します。

ちょっと変わったやせ方のご紹介

ダイエットに興味のある方、実際に試されている方、沢山いらっしゃると思いますが、今日は私が実行したちょっと変わったやせ方をご紹介したいと思います。
まず太ってしまった原因ですがこれは年齢相応といいますか、年齢を重ねるとどうしても代謝が悪くなってしまった事が原因です。
私としては若い頃と同じような食生活を送っていただけなのですが、普段から食事の量が多めだった事もあって年齢を重ねるうちに代謝も悪くなり、太ってしまったような状況です。
やせた方法なのですが私の場合は少し特殊で腰痛が原因でした。前述のような事が原因で太ってしまった結果、元々腰が丈夫ではなかった事もあり、腰痛がでるようになってしまいました。そしてある日ギックリ腰にまで発展してしまいました。
実はその後が意外だったのですが、ギックリ腰のサポートをするために、腰に簡易的なコルセットを巻いてすごしていたのです。このコルセットですが、腰を保護するだけでなく、内蔵を圧迫するような状況で装着するものなのです。これが幸いしたのか、内蔵が常に少しずつ圧迫されていたために食事の量が減りました。
結局コルセットは2ヶ月くらいではずせるようにはなったのですが、体重も段々と下がりはじめた事に気がつき、コルセット自体はずっとつけたままにしています。
毎月2-3キロは落ちているので、思わぬ副産物になりました。
皆さんはコルセットはお持ちでは無いと思いますが、たとえばコルセットをさらしのようなものに代用してもよいのかなと思います。 ちょっと変わったやせ方ではありますが、興味のある方はお試しください。

十分な量の酵素を摂取してダイエット

年々痩せにくくなる理由のひとつに、酵素不足が挙げられます。

主に酵素は代謝と消化という働きがあるのですが、量が少ないと消化でなくなってしまい、代謝まで回せないという訳です。

酵素不足が太りやすい体質になる理由がこれで納得ですね。

太りやすく痩せにくい体質に変わってきたという自覚がある私は、酵素不足が原因かも?と思い、十分な量の酵素を摂取する生活を始めました。

身体が冷えると敬遠していた生野菜やフルーツの量を増やし、ぬか漬けや味噌、麹などあらゆるものから摂取するよう心掛けました。

話題になった生大根ダイエットにも挑戦し、とにかくせっせと酵素を摂取しました。

その結果、確かにむくみが減りました。トイレに行く回数が増えて、量も多くなりました。

勢いよく排泄されているのがよく分かります。

便秘も改善され、以前のようなお腹のハリは不摂生さえしなければなくなりました。

少々カロリーの高いものを食べても、翌日食事を控えめにして調整すると、体重が増える事がなくなりました。

酵素不足だった頃は、高カロリーの食事が続くだけであっという間に体重が増えて、翌日調整してもなかなか元に戻りませんでした。やはり酵素の力はおそるべしだと実感しました。

生野菜を毎日大量に食べ続けるのが正直辛い時もあるので、そんな時用に、ドリンクタイプの酵素やサプリで補うともっと楽に続けられるなと思います。

私がおすすめしているのはベルタ酵素です。ベルタ酵素は美容に関する成分も入っているのでキレイに痩せたいならコレだと思います。

酵素によって美容やダイエットを実現したい

人間の体に健康的な商品や美容に効果のある商品といえば数多く挙げる事が出来るのですが、中でも最近では酵素という言葉に物凄く興味を持たされています。酵素が含まれている、と言うだけでその商品が魅力的に感じてしまうことも少なく無いのですが、その事から一度使用してみたいと思っているのです。

もしも自分がスリムで美人になれれば、と言う妄想は今でもよくしているのですが、なかなか思うようにダイエットや美容効果を実感できる商品とは出会えません。以前にも通販番組で紹介されていたダイエット器具を購入してダイエットを試みたのですが、結局効果は得られずに押し入れの中に入ってしまいました。

しかし、私がいま注目している酵素にはダイエットや美容効果を実現させるだけの内容が含まれていそうなのです。体内から綺麗にしてくれる酵素にはドリンクやサプリメントによって摂取できるのですが、私はサプリメントによって継続していきたいと思っています。具体的にどの酵素商品を使用するかは決まっていませんが、まずはリーズナブルで手軽なものから始めてみたいと思っています。

酵素サプリメントによってスリムに綺麗に、と言う妄想を最近ではずっとしているのですが、自分に合った良い商品が見つかればすぐにでも購入したいのです

痩せるべきか、太るべきか、それが問題だ

ダイエット、一体何回挑戦したことか・・・

でも成功した試しはなく、だから何回も挑戦しているわけだけど。今も絶賛ダイエット中、といっても特に何かをしているわけじゃないのでダイエットといえないかもしれない。とりあえず、朝と夜の二回体重を計って、増えていたら気を付けるくらい。

これだと体重が増えすぎる前に気がつくけれど、だからといって減るわけではないのでダイエットとはいえないかしら。

自分が着たい服が着れないので、なんとか痩せたいのだけれど、やっぱり美味しいものの誘惑には勝てず・・・じゃあ、いっそ開き直って「大きいサイズの服」を買えばいいのか?と思い専門店に行ったこともあるのだけれど、そういう店では3Lとか4Lサイズ中心で、LLサイズはあまりないうえ値段も高い。

コスト的にも自分が痩せるのが一番いいのだけれど、何かいい方法はないかなぁ、もちろんラクな方法で(笑)

それか今の微妙なおデブから確実におデブまで太ってみるのも一つの手段だろうか、なんて考えてみたりもする。

三度の食事とダイエット

私は三十代後半になり半年ほど前から、下腹部が出っ張て来たのが気になりダイエットを意識しはじめました。まずは、自分の毎日の生活を振り返りあまり食べてはいないのになぜか体重が増えているのに気付きました。

仕事で残業も多く、夜も遅くなるので夕食は簡単に済ませてましたがそのような食生活が体形に影響しているのではと思い、逆に食事を三食真面目に食べるようにしました。夜時間がなくても正しいご飯の量を調べ、食べました。遅くなっても食後すぐに寝るのではなく時間をおき、朝もごはん一善と果物などをかきこむのではなく、しっかりとかんで食べること。

忙しいと難しいですが、三度の食事だけでも意識するようにしました。間食は、手のひらに乗る程度の甘いものをとりあえず頑張ったご褒美に食べるのだと楽しみにしていると少なくても満足できました。数週間後、意外に体重は少し減っていました。三度の食事も食べ過ぎたり、偏ったりすると駄目ですが、なるべく食べ物を味わって楽しむと満足出来き大丈夫です。規則正しい生活を意識するだけで、体形も変化出来るのだと思いました。

何で痩せたのかを知る事がダイエットには必要

自分の体型を考えたときにダイエットを考えます。女性の方なら多くの方が経験した事があるダイエットですが、結構な割合でリバウンドをしてしまいます。リバウンドをしてしまうとダイエットというものが余計に難しいものだと感じてしまいます。

私はサプリでのダイエットをしていた時に、リバウンドを経験しました。サプリだけでは不安だった為、1日30分前後のウォーキングを行いました。それだけで1ヶ月3キロ痩せる事が出来たのですが、ウォーキングでの効果が分からず、ウォーキングを止めたら一気に体重は4キロ増えてしまいました。

ダイエットの効果はサプリではなく、毎日のたった30分のウォーキングだった事がわかり、サプリは補助的な位置にいた事に気付きました。

ダイエットを始めようと思う時は、意気込みがかなりあるので、複数の事を一気に始めてしまいがちですが、複数の行動から始めてしまうと何で効果が出ているのか分からず、なかなか止める事ができなくなってしまいます。最終的に全部を続ける事が困難になり、ストレスになって過食などに走ってしまう事もあります。

リバウンドをしない為には、痩せていく原因が何なのかをしっかりと知る必要があり、それを継続的に行う事が大切なように思います。体重管理は難しい問題ですが、毎日継続的にできるダイエットで、リバウンドをしない身体つくりが重要だと思います。