外に目を向けてみた

毎日夜暗くなってから会社を出て電車に揺られて帰ります。

ちょうど帰宅ラッシュの時間なのでうとうとしたり音楽を聴いたりFacebookを見たりして電車の中で過ごしていました。

久しぶりに休日出勤をしたのですが陽が落ちるのが遅くなったし仕事が夕方には片づいたので明るいうちに帰ることになりました。

スマホを出して電車の発車を待ってたのですがふと外に目を向けると綺麗な夕焼け。

スマホを鞄にしまって外を眺めて帰ることにしました。

今まで手元しかみてなかったのですが、大きな看板や河、古い家や、駅の近くの大型商業施設。

休日に学校のグランドを走る学生たちの姿など当たり前の日常風景や、移動しないものなのになんだか新鮮に見えました。

電車の中ではマナーモードにしましょうは当たり前のことですが見渡せば皆猫背でスマホ、タブレットをいじってます。

たまにはスマホのことは置いておいて周りを見てみると文字の情報ではなく飛び込んでくるものってありますよ。